納棺のお仕事  2019.6.26

初めまして、葬祭部の加藤です。

私は、異業種からの転職でピアベールに入社しました。

葬儀の事を全く知らない私が、入社して初めて教えていただいたのが『納棺』のお仕事でした。

納棺(納棺師)のお仕事と言えば

映画で話題となった「おくりびと」が有名ですよね。

主人公を演じた俳優の本木雅彦さんが

お亡くなりになった故人様へ白装束を着せ、死に化粧し、お棺に入っていただくというお仕事です。

その納棺をご遺族の見守る前で出来るようになるために、上司に指導していただきながら、繰り返し繰り返し練習を重ねました。

納棺は、ただ白装束を着させれば良いと言う訳ではありません。

お見守りいただくご遺族の前で順序通り、口上の述べながら行います。これが、思った以上に難しく(泣)失敗があってはならないという緊張感も重なって、時には頭が真っ白に・・・。  一見、普通に勤めていたかのように見えたかもしれませんが、冷や汗が出る出る出る出るでございます。

そんな私も今月で入社2年目になりました。今でもご遺族の前で、こっそり冷や汗が流れ落ちていることはブログの中だけの秘密ですが、日々精進しながら誠心誠意、心を込めて今の仕事に向き合っています。

これまでも、これからも皆様どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

追伸・練習時、故人様役としてお付き合いいただきました●●田様、ありがとうございました~

 

担当:葬祭部 男の方の加藤です。

 

サブコンテンツ

お問い合わせ

sub_maillink

このページの先頭へ