葬儀に関するマメ知識

葬儀後に行う事

挨拶回りをします

一般会葬者には葬儀当日に会葬礼状を渡し、略式で挨拶に代えることが一般的のようです。

葬儀後は、菩提寺にお礼の挨拶をし、今後の法要の打ち合わせをします。ご命日を含めて49日目に四十九日法要を営むのが習わしですが、最近では直前の休日に行う場合が多くなっています。

また、葬儀関係者にも挨拶します。世話役や各係りの担当者、近所の方など葬儀中にお世話になった方々へ挨拶し、必要であれば、御礼の品物を手渡します。葬儀後の挨拶回りは、なるべく地味な服装にしましょう。

四十九日の法要をします

仏壇を購入する場合は、一般的に四十九日までに購入し、四十九日法要の際に開眼供養をします。

四十九日法要のとき、白木位牌から本位牌に替え、仏壇に安置します。後飾りは取り払います。その後、必要な方へは挨拶状とともに香典返しの品を送ります。

※香典返しは葬儀当日か葬儀後に行います。(地域により異なります)。
葬儀後に香典返しをする場合は、忌明け後に行うことが多く、お返しの品物にお礼状を添えます。また、お返しの品の目安としては、いただいた香典金額の1/2 ~ 1/3程度が多いようです。

四十九日の法要をします

遺産・形見の整理をします
遺産整理は早めに済ませましょう。形見分けは、目上の方にはかえって失礼にあたるので慎重に行います。形見分けの時期は四十九日が一般的です。

お墓を決め、納骨します

お墓のない場合は四十九日、百か日を目安にお墓を決め建立します。(最近では、1周忌、3回忌などの年忌にあわせることも多いようです。)その後、納骨供養をし、お墓にご遺骨を納めます。

※墓地には、寺院のほかに、公営の墓地や、民間会社の管理する霊園などがあります。公営の墓地は、場所によって募集の条件や募集時期が異なります。また、毎年募集を行っていない墓地もあります。予算や交通の便なども考慮して選定しましょう。

葬儀後の手続き

返却・解約

勤務先
身分証明書・会社の鍵やバッチなどの返却。机、ロッカーなどの荷物の確認

市町村役場
老人保健医療受給者証、印鑑登録カード、市民カードなどの返却

福祉事務所
無料パス、身分証明書などの返却

警察、公安委員会
自動車運転免許証などの返却

発行元各社
会員証、クレジットカードなどの返却。または解約

※勤務先では「死亡退職届け」 「扶養控除移動の届け」などの手続きや「退職金」「社内預金」などの精算手続きも行います。
※会員費・年会費などが発生するカードは、契約の停止も行います。
※「クレジットカード」の精算などでマイナスの財産が出る場合、相続との関係も注意します。

上記以外の返却・解約手続きの有無も、ご確認ください。

健康保険と国民健康保険

勤務先
健康保険に基づく、「埋葬料(または埋葬費)」か「家族埋葬料」のどちらかの請求手続き
(管轄は社会保険事務所)

市町村役場
国民健康保険に基づく、「葬祭費」の請求手続き

※「社会保険」では、故人が保険加入者本人の場合「埋葬料」、扶養家族の方の場合「家族埋葬料」を申請します。請求手続きの窓口は、故人の勤務先のことが多いようです。(遺族が、社会保険事務所へ赴く場合もある様です。)尚、故人が社会保険加入者のとき、扶養家族の方は国民健康保険への加入手続きが、必要となることがあります。
※「国民健康保険」では、「葬祭費」の申請が必要です。請求手続きの窓口は、市町村役場の国民健康保険課となります。
※請求手続きをとらない場合、「埋葬料(または埋葬費)」「家族埋葬料」 「葬祭費」のいずれも、故人が亡くなられた日から2年後に受給権利が失効します。

詳しくは各窓口にご確認ください。

名義変更

市町村役場
「世帯主変更届」(故人が世帯主の場合)

電話会社
名義変更、電話帳の名前の変更(解約)、「携帯電話」などへの対応

電力会社
名義変更

ガス会社
名義変更

テレビ会社
名義変更(NHK・ケーブルテレビなど)

陸運局
自動車税納付義務者の名義変更。「自動車の移転登録」などへの対応。

地主・家主
借地・借家の名義変更

※名義変更が必要なものには、財産相続とかかわるものが多くあります。「自動車税納付義務者の名義変更」
「自動車の移転登録」「借地・借家の名義変更」などのほかに、「銀行預金」「郵便預金」「債券・社債・国債」「不動産」などがあります。【相続】をご参照ください。
上記以外の名義変更手続きの有無もご確認ください。

サブコンテンツ

お問い合わせ

sub_maillink

このページの先頭へ