葬儀費用信託

葬儀費用信託とは葬儀の予約(生前葬祭契約)です。

「立つ鳥あとを濁さず」…人生の最期を真剣に考え、自分の希望する内容を費用もあわせて検討しておくことは尊いお考えだと感じます。そこには、のこされる方への愛情や培ってきた様々なことを守りたい気持ちが詰まっていることでしょう。
そのような方が心残りなく準備できるようにお手伝いを致します。

    このような方にオススメです

  • 身寄りがなく自分の葬儀が心配な方
  • 家族に生前の想いを伝えたい方
  • 希望を反映したお葬式で送られたい方
  • 葬儀費用の支払いで家族に負担をかけたくない方

sintaku01

葬儀費用信託の安心の仕組み

信託会社(米子信用金庫)に葬儀費用を預けておき、葬儀後に葬儀社に支払われますので、
葬儀社が倒産したとしても、お金はお客様に戻ります。
さらに、葬儀が契約通り行われるか、司法書士が監視いたします。
sintaku02_3

葬儀費用信託の流れ

1.ピアベールとお客様とで葬儀の内容を決めます。

sintaku03

2.司法書士さんと葬儀の支払いに関する遺言書を作成します。

sintaku04

3.信託会社に(銀行)にお金を預けます。

sintaku05

4.葬儀を行います。司法書士は契約通り葬儀が行われるか監視します。

sintaku06

5.司法書士が銀行へ葬儀代金の支払いの許可を出します。銀行よりピアベールへ支払いがされます。

sintaku07

費用について

銀行に預ける葬儀費用の代金
司法書士による公正証書遺言作成費用(遺言作成費用+葬儀信託内容含む)
52,000円
公証人役場での公正証書作成手数料
目的財産の金額 公正証書作成手数料
100万円まで 5,000円
100万円超え200万円まで 7,000円
200万円超え500万円まで 11,000円
500万円超え1,000万円まで 17,000円
 1,000万円超え3,000万円まで  29,000円
※目的財産の金額が1億円にみたない時は11,000円加算されます。

公証人が病院等に出張して公正証書を作成する場合、手数料が50%加算される他、日当・旅費交通費が必要になる場合もあります。 詳しくはピアベールにお問い合わせください。

サブコンテンツ

お問い合わせ

sub_maillink

このページの先頭へ