家族葬について

家族葬って何?

kazokusou01最近「家族葬」が流行りと言われます。簡単に言うと家族やごく親しかった方だけを招く葬儀のかたちです。

「家族葬」が一般のお葬式と異なるのは、参列者についての考え方です。家族・親族だけで行うか、生前ごく親しかった方だけに来ていただく形式になりますので、お葬式の規模は小さくなります。式の流れについては基本的に一般のお葬式と変わりません。


こんな方にお勧めです

1.家族が参列者の対応に追われることなく、故人を偲ぶゆったりとした時間をもつことができます。
2.参列者が少ないこともあり、費用を抑える事ができます。
3.親族が少なく付き合いの範囲が狭いため集まる人が少ない方。

家族葬の注意するポイント

・葬儀後にご不幸を知った方への対応が必要です。

一般葬であれば、参列者に「挨拶」として一度に故人の死去に至る経緯や参列の御礼などを伝えることができます。しかし家族葬は参列者を限定するため、葬儀後にご不幸を知った方が、ご自宅へお越しになり、結果的に負担をしいられる可能性があります。

・ご理解を得なければ、トラブルにつながる場合があります。

ご親族の理解をきちんと得なければ、トラブルに発展する恐れがあります。葬儀のお知らせをご家族や近親者などに限定した場合、連絡がなく参列できなかった方に、後ほど苦言を言われるなど、トラブルにつながる場合があります。

yazirusi

家族葬を行う場合、予め参列をご遠慮頂く旨を伝えるという行為が重要となります。また、親族には「家族葬」で行う旨を早めに相談しておくというのも重要です。

後悔をしない家族葬を行うために

ピアベールでは、『事前相談』をおすすめしています。ご希望をお伺いしながらご家族の後の生活にも配慮し、最適な家族葬をご提案いたします。

サブコンテンツ

お問い合わせ

sub_maillink

このページの先頭へ