遺言書作成

「将来のために遺言書を作成しておいた方が良い」
そう聞くけれど、どのように作ればよいかわからないし、
専門家に頼むのも敷居が高くて・・・と、お思いではありませんか?
ぜひ、当社へお任せください。
ぴあべールでは、遺言書作成のサポートをおこなっております。

こんな方にお勧めです

①遺言書を作成したいけれど、どのように作ればいいかわからない方
②法的に有効な遺言書を作成したい方
③親族間で争いの起こらない遺言書にしたい方
④相続手続きが簡単に行える遺言書にしたい方

公正証書遺言の作成サポート

公正証書遺言とは、
専門家が作成した文面を、公証人役場にて
公正証書として保存する遺言のことを指します。

必要書類

・遺言者本人の印鑑登録証明書
・遺言者と相続人との続柄が分かる戸籍謄本
・財産を相続人員以外の方に遺贈する場合、その方の住民票
・不動産がある場合、登記事項証明書(登記簿謄本)
・預貯金の場合、それが分かるメモ
・証人2人の住民票
・遺言執行者を定める場合、その方の住民票

※場合により、上記以外の書類が必要になることもございます

公正証書遺言作成の流れ

1

専門家のご紹介

ピアベールへお電話・ご来館等でお問合せを頂きましたら、
状況・ご意向を確認いたします(無料相談)
必要に応じて、専門家をご紹介させていただきます。

2

ご依頼~調査

ご依頼・ご入金後、必要書類の収集や、
相続人・財産の調査を行います。

3

公正証書案の作成

まず、実効性のある遺言書文案を検討し、公正証書原案を作成します。
それを基に、お客様と公正証書案の調整を行っていきます。

4

打合せ・立会

公証人との打合せを行い、公証役場へ同行。
証人として立会いただき、ご署名をいただきます。

5

公正証書遺言 作成完了

費用について

公正証書遺言は 専門家が作成した文面を、公証人役場にて
公正証書として保存する遺言となります。
その為、遺言作成(専門家)と公正証書作成(公証人役場)の費用が必要です。

専門家による遺言作成費用
30,000円 ~ 50,000円

公証人役場での公正証書作成手数料

目的財産の金額 公正証書作成手数料
100万円まで 5,000円
100万円越え200万円まで 7,000円
200万円越え500万円まで 11,000円
500万円越え1,000万円まで 17,000円
1,000万円越え3,000万円まで 29,000円

※全体の財産が1億円以下の場合、上記手数料額に、11,000円が加算されます。

公証人が病院等に出張して公正証書を作成する場合、
手数料が50%加算される他、日当・旅費交通費が必要になる場合もあります。
詳しくはピアベールにお問い合わせくださいませ。